GARAKUTA in my 脳 RE:

脳内ガラクタのポルターガイスト現象
Home未分類 | 我楽多 | MOV(i)E | WOR(L)Ds | 物欲istのツマミ食い | 耳+4つの心(喜怒哀楽)=聴 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指先文化

2007.07.20
文化というものは突発的に生じるものであり、
それでも発生するに足る要因があったりするもんですが、
大事なのはその先。

文化が発展し続けるのかどうか。

時代のニーズに応え続けられなければ廃退の一途を辿るもんだけど、
意外とアンダーグラウンドとして確立される文化もまたあったりするのです。



とある学校でのシーン。
「おい菊池。ここは試験に出るからちゃんと板書……すごいなお前!」


先生からの注意を驚愕へと昇華してしまうケミストリー要素。


ずばり、ペン回し。


誰が始めたかさっぱり不明だけども、たしかに存在する文化。
……まあ、文化ってほど大きくはないかも知んないけど。
でも、周りに結構いるよね、ペン回してる人。

かくいうワタクシもまた、ビシッとペン回してる友人のマネした口ですけども。

世の中ってのは広いもんで。
ペン回しのプロってのがいるようですわ。
クルッてレベルじゃないんですよ。
クルクルッってレベルでもないんですよ。

じゃあどんだけだい? 
っつーと、もうね、筆舌し難いくらいに華麗。

うーわー……と唖然くらうしかないんだこれがまた。




ペン回しには基礎となるトリック(技)があるんですわ。
それぞれ、
ノーマル:親指の周りを回す技
ソニック:人差し指~小指の周りを回す技
ガンマン:親指以外の周りを回す技
インフィニティ:指の間をくぐらせる技
とまあ、4種類+αといった具合。

これらを発展させて、ペン回しスキルを向上させるわけです。

世界大会もあるらしーっすよ、ペン回し。


授業のヒマな時に良くやってたペン回し。
ほんのちょっとした運動の世界が、よもやここまで奥深く広がっているとわ。
そのうち、バラエティ番組か何かで取り上げられる日もあるかもしんない。

ただ願わくば。

メディア露出が歪んだ影響もたらして、この文化が廃退しなけりゃいいんだけどね。





参考HP
ペン回しのペンスピ
画像があるHPって見やすいね~!
ペン回しトリックが目白押しっすっ!
メニュー → フリースタイルがオススメです!




スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://nakoso.blog34.fc2.com/tb.php/288-3c624df2
Template by まるぼろらいと

Copyright ©GARAKUTA in my 脳 RE: All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。