GARAKUTA in my 脳 RE:

脳内ガラクタのポルターガイスト現象
Home未分類 | 我楽多 | MOV(i)E | WOR(L)Ds | 物欲istのツマミ食い | 耳+4つの心(喜怒哀楽)=聴 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己と世界のインターフェイスである自分、そのI/Oにあるギャップ(仮)

2008.04.04


自分の年齢に、違和感を覚える事が時折ある。

いつの間にかこんな歳になってたわー、と。

自覚している年齢と実年齢との間にギャップがあるという事。

この場合の『自覚年齢』ってのは決して数え歳というわけではなく、
「年齢は?」
という自問に対して自答する、
「○○歳」
で一番しっくり来る年齢の事ね。

これは必ずしも実年齢と一致しないんじゃないかと。
自分の年齢がぱっと出てこないってのは、多分このギャップのせいなんじゃないかと。

自覚年齢はあるんだけど、確実に実年齢とは違う、と頭のどっかで自動的に計算してる。
じゃあ実年齢はといえば……

あれ?いくつだっけ?

これが『ぱっと年齢が出てこない』システムなんじゃないかと。

さて、ここで質問してみる。

『あなたの年齢はいくつですか?』

計算方法はいくらでもあるんだけど、
実年齢かどうかは置いといて、まず頭に浮かんだ数字は、
さて、いくつでしたか?

もしかしたら、その数字の年、
何かしらの人生イベントがありませんでしたか?

学校を卒業した、
就職した、
転職した、
恋人ができた、
結婚した、
子供が産まれた、
等々。

思い当たる節、ありませんか?

ワタクシの場合、この自覚年齢が『24』で止まったまんま。
社会人デビューした年ですわ。
それ以降にコレ!といった人生イベントないからね、
自覚年齢が更新されないまんま。

そうそう、自覚年齢には『更新』って言葉がしっくりくるね。
定期更新じゃない、その都度更新。

ま、毎年何かしらやってたり、
常に実年齢を意識してるんであれば、
『自覚年齢≠実年齢』
のギャップはないのだけれど。

そいでふと思う。

自覚年齢が社会人デビューの『24』だっつー事は。
俺の中じゃ転職は、大して人生イベントとは思ってないんだなぁ。

などと思ってしまった。

という事を考えたところで、
頭の運動にはなりませんかね?

うん、そうですよね。

スポンサーサイト

Comment

健康用品 -

健康用品を探すなら http://www.mnpainctr.com/100938/101035/
2008.11.12 Wed 09:39 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://nakoso.blog34.fc2.com/tb.php/341-52d21bca
Template by まるぼろらいと

Copyright ©GARAKUTA in my 脳 RE: All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。